わきが治療・ボトックス注射の効果

わきがよサラバ! わきがの原因と対策、治療について

わきが治療のひとつとしてボトックス注射が使われています。ワキにボトックスを注射することで、発汗命令を抑制して、汗の量を抑えることができます。

わきが治療・ボトックス注射の効果

わきがや多汗症によるワキの汗や臭いは、自分でも気がつかないうちに周りの人に不快感を与えていることがあります。わきがの原因は、アポクリン汗腺と呼ばれる部分から出る汗の一種です。それが細菌などに反応して、異臭を放ってしまうことがわきがなのです。


特に汗をかきやすい夏はとても気になるものです。そんなわきがを解消するために、わきの下にボトックス注射をすることによって、汗を送り出す筋肉の動きを止めることができます。ボトックスを脇に注射することにより、自律神経の発汗命令が抑制され、汗の量を抑えることができるのです。


汗の量が減ることによって細菌の繁殖が抑えられ、臭いを解消してくれます。ボトックス注射にかかる費用は8万円程度で、個人差はありますが効果は長い人で半年ぐらいと言われています。安いわけではないし、わきがの強い人にあまり効果は期待できないため、誰にでも有効ではないでしょう。


重症な人には、手術の必要もあるかも知れません。しかし、それほど大げさではないわきがには、ボトックス注射という手軽にできる治療法も良いでしょう。ボトックス注射は、専門医による問診の後にすぐに施術してもらえ、10分程で終了するために、毎日の制汗ケアが面倒だと考える人には向いているかも知れません。自分が感じるより、人には不快感を与えていることを常に忘れないで、わきが対策を考えてみましょう。

Copyright 2008-2013 わきがよサラバ! わきがの原因と対策、治療について All Rights Reserved.