わきがの手術と保険の適用

わきがよサラバ! わきがの原因と対策、治療について

わきがを根本的に治療するには外科手術が必要になります。わきがの手術には保険が適用される場合もあります。

わきがの手術と保険の適用

わきがを根本的に治療したい場合は、脇にあるアポクリン汗腺の除去が必要になるので、外科手術が必要になります。治療費はなるべく安く抑えたいのが本音ですね。わきが手術も条件に当てはまっていれば、保険適用が認められます。その条件は、手術の方法が「皮下組織剪除法」であることです。


「皮下組織剪除法」とはアポクリン汗腺を除去する根本的なわきが治療です。形成外科医の間では主流の手術方法といえます。その他の条件では、精神的につらいですが、第三者からわきがによって迷惑を被っているという申告があり、それが社会的に認められた場合は保険適用の手術となります。


一方、特殊な機器や方法を用いると、保険適用外になるので、実費負担となり、高額な手術費用がかかります。保険が適用できない手術としては、稲葉法やクアドラカット法、超音波剪除などがあげられます。また美容外科や個人クリニックでわきが手術をすると保険適用外で高額な費用がかかることが多いようです。


わきが自体は病気ではなく体質なので、病気を治すとは見なされず、わきがの悩みを治すものと判断される為、わきが専門の美容外科やクリニックでは保険適用外になるようです。それに対して、皮膚科や形成外科の手術は保険が適用されるので、費用負担も軽くなります。

Copyright 2008-2013 わきがよサラバ! わきがの原因と対策、治療について All Rights Reserved.